住宅ローン年収研究

住宅ローンと年収の関係は?

研究

住宅ローンは長期間にわたって返済を続けていくものであり、金額も非常に多くなるため、無理なく完済できることをまず第一に考えていく必要があります。

 

そのために大事なこととして、あなたの年収でいくらのローンを組めば良いのかということがあげられます。

 

ほとんどの人ができれば快適で広くて、便利なマイホームを建てたいと思うのは当然のことですが、そのような家は金額が高くなるもの。

 

年収とのバランスで購入できる家も決まってくるのです。

 

しっかりと完済を目指すことができる水準の住宅ローンを組んでおかないと、数年後、十数年後に環境の変化によって返済に困ってしまうといったことも十分にあり得ます。

 

まずは年収と住宅ローンの金額の適正なバランスを考えておく必要があるのです。

 

年収の何倍までの住宅ローンを組むことができるのか、審査を通ることができるのかといったことから始まって

 

安全に返済していくことができる水準はいくらなのか、そして将来の年収の変動や、景気の変動にはどういった対処をすればよいのかといった問題もあります。

 

ここでは、住宅ローンと年収のバランスの目安や返済比率や割合といったことに注目して、あなたの住宅ローンの適正な金額の計算に役立てていただける情報をご紹介していきます。

 

住宅ローンを安心して返済していくために必要な年収はいくらなのでしょうか?

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年11月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 安定かつ継続的な収入があること
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料0円
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定して継続した収入があること
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 事務取扱い手数料は借り入れ金額の2%+税
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 年収に対する返済負担率が年収の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利
  • 返済負担率が年収の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円/li>
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が条件
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長可能な場合も
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


スポンサーリンク

住宅ローンと年収研究記事一覧

今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入する際、年収と住宅ローンの借り入れ額について考えてみたいと思います。住宅ローンを利用して住宅を購入したり建築したりする人は多いと思いますが、年収に対してどの程度の住宅ローンが一般的なのでしょうか?リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報(http://s...

今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入する際、どの程度の年収の人が、どの程度の金額の住宅を購入しているのかご紹介したいと思います。住宅の購入・建築費用は、年収の何倍もかかることが一般的です。多くの人は住宅ローンを組んで、取得する住宅の費用にあてますが、どの程度の物件なら買うことができるのでしょうか? みなさんが家を購入しようとするときに、具体的に、年収の何倍程度にするのが妥当だと考えますか? 周りの...

今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入する際、年収と住宅ローンの返済額について考えてみたいと思います。住宅を購入したのはいいけれど、その後の住宅ローンの返済が重い負担になるということにならないよう、自分の年収に見合った住宅ローンの返済計画を立てる必要があります。本来、住宅ローンの返済は自分の収入や支出の状況について、現在と将来に渡って予測し、無理のない範囲で計画を立てるべきですから、他人の状況はあま...

今回は、住宅ローンの総返済負担率について考えてみたいと思います。総返済負担率とは、すべての債務に対する1年間の返済金額の総額が、年収に対してどの程度の比率になっているかを指します。ここでいうすべての債務とは、住宅ローンに限らず、車のローンや教育ローンなどの支払いから、リボルビング払いなども全て加えた返済金額です。総返済負担率は、債務の返済が健全に行うことができるか、あるいは、ローン返済が困難となる...

今回は、住宅ローンについて、住宅ローン審査の際に必要となる年収に関する条件や重要性などについて考えてい見たいと思います。一般に、住宅ローンを組むときには、予備審査と本審査という2回の審査の合格する必要があります。住宅ローンの審査では、いろいろな項目について多角的に評価されます。国土交通省住宅局が平成24年3月に出した「平成23年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書」では、住宅ローンに関...

今回は、住宅ローンについて、年収ごとにわけて返済のシミュレーションをしてみたいと思います。リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報も発信されています。その情報によると、家を買った1700人の住宅価格やローンや頭金の情報が、年収別に分けて紹介されています。公表された時期は2011年2月です。...

今回は、住宅ローンについて、年収ごとにわけて返済のシミュレーションをしてみたいと思います。前回は、年収400万円の世帯を想定したシミュレーションを行いました。今回は、年収700万円、年収1000万円を想定したシミュレーションを行なってみます。リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報(htt...