住宅ローン年収700万円シミュレーション

年収700万円の住宅ローンシミュレーションは?

シミュレーション
今回は、住宅ローンについて、年収ごとにわけて返済のシミュレーションをしてみたいと思います。

 

前回は、年収400万円の世帯を想定したシミュレーションを行いました。今回は、年収700万円、年収1000万円を想定したシミュレーションを行なってみます。

 

リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報(http://suumo.jp/edit/kyotsu/n1700_rpt/110223/index.html 他)も発信されています。

 

その情報によると、家を買った1700人の住宅価格やローンや頭金の情報が、年収別に分けて紹介されています。

 

公表された時期は2011年2月です。SUUMOで公表されたデータを基に、平均的な住宅の購入イメージは、下記のようになります。

 

まず、年収700万円の場合、平均的な購入建物は、郊外であれば新築一戸建て住宅、都心部であれば新築マンションが多くなっています。

 

床面積は80〜90m2程度が一般的のようです。物件価格は3000万〜4000万円程度、頭金を500万〜1000万円程度用意して3000万円程度の住宅ローンを組むようなイメージです。

 

年収が700万円ですから、物件価格が年収の4.2〜5.7倍、借り入れ金額が年収の4.2倍程度ということになります。

 

一方、年収が1000万円の場合、平均的な購入建物は、郊外であれば新築一戸建て住宅、都心部であれば新築マンションが多くなるということは、年収700万円の層と同じだと思われます。

 

床面積は90m2超える広さが一般的のようです。物件価格は4000万〜5000万円程度、頭金を1000万〜1500万円程度用意して3500万円程度の住宅ローンを組むようなイメージです。

 

年収が1000万円ですから、物件価格が年収の4〜5倍、借り入れ金額が年収の3.5倍程度ということになります。

 

これらの条件で、前回の年収400万円の場合と同様に住宅ローンのシミュレーションを行なってみたいと思います。

 

年収700万円の場合の借り入れ金額は3000万円、年収1000万円の場合の借り入れ金額は3500万円と仮定します。両方共、元利均等方式で、ボーナス月の支払額の増額はなしとします。

 

また、ローン返済期間は25年,30年,35年の3通りを比較してみます。また、住宅ローンの金利タイプとして、変動金利型と長期固定金利型を検討します。

 

前回と同様に、長期固定金利型の金利は2.5%としました。変動金利型は1%としますが、返済負担率を検討する際には、将来の金利変動の可能性を考慮して、金利4%で評価するものとします。

 

表1および表2にシミュレーション結果を示します。変動金利型は上段に金利1%の場合を、下段の( )の中に金利4%の場合を併記しました。

 

表17

 

年収が700万円で3000万円を借り入れた場合には、長期固定金利型でも変動金利型でも返済負担率が30%を下回っています。

 

フラット35などでは、年収400万円以上の場合、返済負担率が35%以下であることが条件となっていますので、条件を十分満たしている状況です。

 

年収1000万円で3500万円を借り入れる場合には、返済負担率が25%となり、住宅ローンの返済がさらに余裕のある状態で行えるものと思われます。

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年3月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!