住宅金額と年収

住宅の購入金額と年収の関係は?

研究

 

今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入する際、どの程度の年収の人が、どの程度の金額の住宅を購入しているのかご紹介したいと思います。

 

住宅の購入・建築費用は、年収の何倍もかかることが一般的です。

 

多くの人は住宅ローンを組んで、取得する住宅の費用にあてますが、どの程度の物件なら買うことができるのでしょうか? 

 

みなさんが家を購入しようとするときに、具体的に、年収の何倍程度にするのが妥当だと考えますか? 

 

周りの人達は、いったい、年収の何倍を住宅の購入や建築に充てているのでしょうか?

 

リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報(http://suumo.jp/edit/kyotsu/n1700_rpt/110223/index.html 他)も発信されています。

 

その情報によると、家を買った1700人の住宅価格やローンや頭金の情報が、年収別に分けて紹介されています。

 

公表された時期は2011年2月です。下表に、SUUMOで公表されている年収別の住宅の物件価格データを加筆して示します。

 

表4

 

年収別に、物件価格について最も多く回答した層を見てみると、年収400万円未満の層と年収400万円以上600万円未満の層が物件価格3〜4千万円になっています。

 

年収が600万円以上800万円未満の層になると、物件価格は4〜5千万円が最多になります。

 

年収が800万円以上になると、物件価格もぐっと上がって、7千万円越が最多になります。年収に応じて住宅にかける価格も高くなっています。

 

一方、年収が400万円未満の層であっても、平均的に3000万円以上のお金を住宅に対してかけており、改めて、住宅は高い買い物などのだとわかります。

 

では、各年収の物件価格の概算平均値についても検討してみます。

 

物件価格が2〜3千万円であれば2500万円、5〜7千万であれば6千万と、層の中央値を代表値として回答した割合に掛けて、各年収の層ごとに物件の価格の概算平均を求めました。

 

但し、物件の価格が2千万円以下の層の代表値は1500万円、7千万円以上の層の代表値は8千万円であると仮定しました。

 

その結果、年収400万円未満の層では、物件の平均概算値は3223万円となりました。

 

年収が上がると共に物件価格の平均概算値も高くなり、年収800万円以上の層では5607万円にも達します。

 

さらに、物件価格が年収の何倍に相当するかの比率についても、概算値を求めてみました。

 

今度は、年収400万円以上600万円未満の層であれば中央値の500万円を代表値として、さきほど求まった物件価格の概算平均値を割って求めます。

 

年収400万円未満の層は300万円が代表値、年収800万円以上の層は900万円が代表値であると仮定しました。

 

その結果、年収が400万円未満の層では、物件価格の概算平均値は年収の10.7倍となりました。

 

年収が400万円以上600万円未満の層では7.9倍、年収が600万円以上800万円未満の層では6.5倍と徐々に減っていきます。

 

年収800万円以上の層では、年収の6.2倍まで下がっています。

 

この結果は、年収が多いほど、住宅の購入や建築に無理をしていないということを表しています。

 

年収が少なくなるほど、年収に対して相対的に高い住宅を購入していることになり、かなり無理をして住宅を購入せざるを得ないということだと思われます。

 

しかし、逆にいうと、年収の10倍程度までであれば、無理をして買えないことはない、と見ることもできます。

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年3月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!