住宅ローン返済額と年収

住宅ローンの返済額と年収の関係は?

買い物
今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入する際、年収と住宅ローンの返済額について考えてみたいと思います。

 

住宅を購入したのはいいけれど、その後の住宅ローンの返済が重い負担になるということにならないよう、自分の年収に見合った住宅ローンの返済計画を立てる必要があります。

 

本来、住宅ローンの返済は自分の収入や支出の状況について、現在と将来に渡って予測し、無理のない範囲で計画を立てるべきですから、他人の状況はあまり関係ないですが、自分の収入と支出のバランスを見直すという意味でも、周りの人達がどの程度の住宅ローンの返済を行なっているかを知ることは大切だと思います。

 

では、住宅を購入している人は、毎年、どの程度の金額を返済しているのでしょうか?

 

リクルート社が提供している不動産・住宅サイトのSUUMOでは、色々な役に立つ情報を提供してくれていますが、その中に、年収別の住宅購入事情をまとめた情報(http://suumo.jp/edit/kyotsu/n1700_rpt/110223/index.html 他)も発信されています。

 

その情報によると、家を買った1700人の住宅価格やローンや頭金の情報が、年収別に分けて紹介されています。

 

公表された時期は2011年2月です。下表に、SUUMOで公表されている住宅ローンの返済額を加筆して示します。

 

SUUMOでは、月々の返済額が掲載されていましたが、この額を12倍して1年あたりの返済額に計算しなおしています。

 

表11

 

年収800万円未満の層では、年間の返済額を60万〜120万円と回答した割合が最も多くなっています。

 

年収800万円以上の層では、年間の返済額はやや増えて、120万〜180万円という回答が最も多くなりました。

 

この表の中で、最も返済が苦しいグループは、年収400万円未満で、住宅ローンの返済額が180万円以上と回答した層です。

 

年収に対する返済額の割合が45%にも達しています。

 

次に、住宅ローンの年間の返済額の平均概算値を調べました。

 

返済額が60万〜120万円であれば90万円、120万〜180万円であれば150万円と、層の中央値を代表値として回答した割合に掛けて、各年収の層ごとに住宅ローンの年間の返済額の概算平均を求めました。

 

但し、年間の返済額が60万円以下の層の代表値は45万円、180万円以上の層の代表値は240万円であると仮定しました。

 

その結果、年収400万円未満の層では、住宅ローンの年間の返済額の平均概算値は90万円となりました。

 

1ヶ月あたりに換算すると7万5000円程度になります。年収が上がると共に年間の返済額の平均概算値も高くなり、年収800万円以上の層では、141万円になります。

 

これは、1ヶ月あたりに換算すると11万8000円程度になります

 

さらに、住宅ローンの年間の返済額が年収の何パーセントに相当するかの比率についても、概算値を求めてみました。

 

今度は、年収400万円以上600万円未満の層であれば中央値の500万円を代表値として、さきほど求まった頭金の概算平均値を割って求めます。

 

年収400万円未満の層は300万円が代表値、年収800万円以上の層は900万円が代表値であると仮定しました。

 

その結果、年収が400万円未満の層では、住宅ローンの年間の返済額の概算平均値は年収の30%となりました。

 

年収が増えると共に、年収に対する頭金の概算平均値の比率は低くなり、年収400万円以上600万円未満の層では20%、年収600万円以上の層では16%となっています。

 

この比率は、住宅ローン以外に負債がない場合には、総返済負担率とも呼ばれます。

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年4月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!