住宅ローン贈与

どうするのが一番お得?

 

最もお得になる方法とは?

現在、住宅ローンを返済中です。ローン残高は1800万円程度で、ローン返済期間はあと15年ほどあります。長期固定金利で金利が4%です。

 

最近、年収が減ったため、ローン返済が苦しくなってきているので、わずかでも支払い金額を安くしようと、現在の非常に金利の低い変動金利型の住宅ローンへ借り換えることを考えていました。

 

その話を家内の両親に話したところ、低いとはいえ、金利を支払うのがもったいないので、ローン残高を支払ってあげようと言われました。義理の父によると、住宅に関しては、贈与税が緩和されていて、1800万円程度なら、非課税になるのではないかと言っていました。
どのようにするのが、最も得なのでしょうか?

30代 会社員


 

 

共有名義にすれば贈与税の支払いは回避可能

まず、1800万円程度なら非課税と義理のお父さんが言われた件ですが、親から子へ住宅取得関連で贈与税が緩和される制度として、「住宅取得等資金の贈与の特例」がありますが、これは住宅取得時に適用できる特例で、ローン返済に充てることはできません。

 

次に、相続時精算課税という制度を利用すれば、非課税枠が2500万円になりますが、義理のお父さんから非課税で制度を利用できるのは、送り先が実子(この場合は奥さん)であることに限られます。

 

従って、奥さんは非課税で1800万円を受け取る事ができますが、これを住宅ローンの返済に充てると、奥さんからご主人への贈与を対象とした贈与税を支払う必要があります。

 

または、奥さんが支払った1800万円とご主人がこれまで支払った額を勘案して共有名義にすれば、贈与税の支払いは回避することができます。

管理人


年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年4月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!