年収450万円住宅ローン控除金額

年収450万円の住宅ローン控除額は?

 

住宅ローン減税の金額は?

昨年(2012年)、住宅ローンで2000万円借りて、中古住宅を購入しました。私の年収は450万円です。家族は、妻と子供が4人です。年末の残高は1985万円ほどになっていました。住宅ローン控除があって、住宅ローン残高の1%が戻ってくると聞いていたので、19万円ほど戻ってくると思っていたのですが、実際は、2万円ほどでした。なんで、こんなことになったのでしょう? 1%が戻ってくるなんて嘘なのですか? なんだか、不動産屋さんに騙されたような気がします。

40代 会社員 年収450万円


 

 

年によって減税の条件は異なります

住宅ローン控除は、住宅ローン残高の1%が常に戻ってくるわけではなく、還付される金額の最大が住宅ローン残高の1%ということです。状況によって残高の1%が戻ってこない場合がありえます。

 

まず、住宅ローン控除の最大金額が規定されています。この最大金額は年によって異なります。この「年」とは税金を支払う年ではなく、住宅ローンを組んで、ローンの対象住宅に購入した年のことです。

 

2009〜2010年に入居した場合は最大50万円ですが、ご質問者が入居された2012年は最大30万円になっています。従って、この制限によって還付された金額が下がったわけではありません。

 

還付される金額のもう一つの制限は、所得税から控除しきれなかったローン控除額、または所得税の課税総所得金額(最大9.75万円)のいずれか低い方が限度というものです。

 

ご質問の場合、多くの扶養家族の方がおられるため、所得税のほとんどが控除されていて、控除しきれなかった金額が2万円だったのではないでしょうか。

 

そのため、住宅ローン残高の1%に比べかなり低い2万円しか還付されなかったということだと思われます。

管理人


年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年4月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!