住宅ローン頭金金額

住宅ローンの頭金の用意はどれくらい?

 

頭金を2割用意するのは厳しい

住宅ローンの頭金は、どの程度用意すればいいのでしょうか?現在、年収550万円で、3500万円の建売住宅の購入を考えています。

 

知り合いに聞くと、住宅価格の2割程度は必要だと言われました。3500万円の2割となると700万円になります。すべての蓄えを集めると、そのくらいはギリギリ用意できそうなのですが、蓄えがなくなってしまうことに恐怖を感じます。

 

何とか、頭金を少なくして、手元に現金を残しておくことできないでしょうか?

20代 会社員 年収550万円


 

 

手元資金と頭金のバランスが大切

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど、住宅ローンの返済金額が少なくなります。

 

しかし、頭金を多くするあまり、手持ちの現金がなくなると、急な出費が必要になった時に対応できなくなるリスクが増えます。従って、頭金と手元に残す現金とのバランスが大切だと思います。

 

頭金の金額は別に住宅価格の2割必要だと決まっているわけではありません。フラット35を提供している住宅金融支援機構の前身は住宅金融公庫といいますが、住宅金融公庫が提供していた一般住宅融資は建物の8割までという制限がありました。

 

その場合、建物価格の2割を頭金として拠出しないと、公庫から融資が受けられないという状況でした。その名残りが現在でも残っていて、頭金は2割必要といわれているのだと思われます。

 

現在では、多くの金融機関で、住宅の購入価格の全額が住宅ローンとして認められます。しかし、住宅購入に必要となる諸費用については、住宅ローンの用途としては認めていない金融機関がほとんどです。

 

従って、今回の事例では、手持ちの700万円を全額頭金として拠出しなくても、諸費用分を自己資金で賄えば、あるていど現金を残しながら、住宅ローンを組むことができるものと思われます。

管理人


年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年3月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!