住宅ローン年収を補う

年収を補う方法はある?

夫婦
ここでは住宅ローンの審査に通るために年収を補う方法について詳しくご紹介していきます。

 

年収が基準を満たしていない場合でも、ここで紹介している方法を利用すれば住宅ローンを借り入れることも可能なのです。

 

具体的には夫婦での収入合算や、親子リレー返済、ペアローンなどがその方法にあたります。

 

住宅ローンの借り入れをしたいけれど年収が足りていない、もしくは十分な余裕を持って返済をしたいという方はこの項をご覧になってください。

 

また、住宅を購入する場合に、親族からの贈与を受けるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような場合の援助と贈与税などの気になるポイントについてもしっかりと説明していきます。

 

さらに、住宅ローンを借りた後で利息を軽減する方法などについても調査していますので、返済負担を軽くしたいという方も必見です。

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年5月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 安定かつ継続的な収入があること
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料0円
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定して継続した収入があること
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・8疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 事務取扱い手数料は借り入れ金額の2%+税
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 年収に対する返済負担率が年収の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利
  • 返済負担率が年収の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円/li>
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が条件
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長可能な場合も
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


住宅ローンで年収を補う方法!返済負担率を変える!【審査に通るには?】記事一覧

住宅ローンの年収を補う収入合算とは?夫婦の年収を合計【メリットは?】

今回は、収入合算について考えてみたいと思います。住宅ローンを組むことができるかどうかは、金融機関や保証機関が判断します。住宅ローンでは、いろいろな項目が審査されますが、年収や総返済負担率(すべての債務に対する1年間の返済金額の総額が、年収に対してどの程度の比率になっているか)も大きな判断要素の一つで...

≫続きを読む

ペアローンで年収を補うには?住宅ローン審査基準!【申し込み方法は?】

前回は、住宅ローンに対する年収を補う方法として収入合算をご紹介しました。今回は、ペアローンについて考えてみたいと思います。住宅ローンを組むためには、十分な年収が必要です。年収が住宅ローンに対して十分あるかどうかの目安の一つが総返済負担率です。総返済負担率は、すべての債務に対する1年間の返済金額の総額...

≫続きを読む

住宅ローン親子リレー返済とは?フラット35と年収!【メリットは何?】

今回は、住宅ローンの年収を補う方法として、親子リレー返済についてお話したいと思います。住宅ローンを組む際、一人の年収では、ローンの審査に通らない場合に、2人の年収を原資にする方法があります。その方法として、収入合算やペアローンがあります。収入合算では、主たる債務者は一人で、もう一方の人は住宅ローンの...

≫続きを読む

住宅ローン年収を補う方法は?親からの援助と贈与税!【税金の注意点】

今回は、親から住宅取得の援助を受ける場合の贈与税について考えてみたいと思います。前回までは、住宅ローンを契約する本人の年収の不足を補う方法として、住宅ローンを複数で返済する場合についてご紹介しました。今回は、住宅ローンそのものではなく、住宅購入資金の一部を援助する場合を考えてみます。資金援助によって...

≫続きを読む

住宅取得の贈与税非課税措置とは?年収を補う!【節税のポイントは?】

今回は、親から住宅取得の援助を受ける場合の贈与税を減らす方法について考えてみたいと思います。前回は、住宅ローンに対して必要となる年収の負担を減らすための方法として、親からの金銭的援助について考えました。その際のネックとなる贈与税について、暦年課税方式と相続時精算課税方式をご紹介しました。親から住宅取...

≫続きを読む

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!