住宅ローンペアローン

ペアローンで年収を補う方法は?

夫婦
前回は、住宅ローンに対する年収を補う方法として収入合算をご紹介しました。

 

今回は、ペアローンについて考えてみたいと思います。

 

住宅ローンを組むためには、十分な年収が必要です。年収が住宅ローンに対して十分あるかどうかの目安の一つが総返済負担率です。

 

総返済負担率は、すべての債務に対する1年間の返済金額の総額が、年収に対してどの程度の比率になっているかによって計算され、総返済負担率が低いほど、住宅ローンの破綻リスクが少なくなるといわれます。

 

一人の収入が、住宅ローンを組むために十分ではないと判断された場合でも、夫婦とか親子などの年収を加味すれば、住宅ローンの審査に合格できる場合があります。

 

前回は、主たる債務者のペアとなる人が連帯保証人となったり、連帯債務者となったりする場合の、いわゆる収入合算についてご紹介しました。

 

収入合算と似たような住宅ローンの返済方法として、ペアローンがあります。

 

ペアローンは、同居する親族同士が住宅ローンの元金を分担して、それぞれが主たる債務者となって住宅ローンを組む方法です。

 

両者が主たる債務者となるところが、前回の収入合算とは大きく異なる点です。

 

ペアローンでは、下記のような特徴があります。便宜的に、夫と妻がペアローンを組む場合を想定して書いています。親子など別の関係のペアの場合には、適宜関係を読み替えてください。
【住宅ローンの債務者】
ペアローンを申し込む金融機関は一つですが、基本的には夫と妻が別々の住宅ローンを組むことになります。

 

別々のローンということは、ローン手数料も別途かかります。また、ローン審査も別々に受けることになりますので、それぞれの年収に見合った債務かどうかも審査されることになります。

 

しかし、しかし、一方が住宅ローン審査に合格して、他方が不合格になるといったようなことはなく、ペアローン全体として審査の合格,不合格が決まります。

 

また、別々に住宅ローンを組むので、金利条件や支払い年数などを別々に設定することができます。

 

【ペアのローンに対する保証】
ペアローンを組む場合、自分のローンの債務者は当然自分ですが、ペアのローンに対して、お互いに連帯保証人となることが一般的です。夫婦でペアローンを組む場合、妻が夫の住宅ローンの連帯保証人になり、夫が妻の住宅ローンの連帯保証人になるわけです。連帯保証人ですから、ペアの住宅ローンの返済が滞った場合には、返済の責任を負います。また、連帯保証人になるからといって、保証会社の保証を受ける必要があることにはかわりなく、それぞれのローン元金や返済年数などに応じた保証料を支払う必要があります。但し、保証料はそれぞれのローン額に応じて決まりますので、手数料のようにペアローンにするために2倍支払わなければならないということはありません。

 

【名義】
土地や住宅などの物件は、出資金額に応じた共有名義になります。逆に言うと、出資金額に応じた共有名義にしないと、贈与とみなされる可能性があるので、注意が必要です。

 

【団体信用生命保険】
収入合算の場合には、主たる債務者のみが団体信用生命保険に加入する場合が多いようです(パートナーが連帯債務者となる場合には、一部例外もあるようですが)。ペアローンの場合には、債務者がそれぞれ自分の債務に応じた団体信用生命保険に加入します。従って、住宅ローンを借りる要件として、ペアのそれぞれが団体信用生命保険に加入が認められる必要があります。また、ペアのどちらかが、住宅ローン返済中に死亡するなど、万一のことがあった場合、その人のローンのみが団体信用生命保険により完済されますが、他方の住宅ローンは引き続き返済する必要があります。

 

【住宅ローン控除】
ペアローンでは、自分が主たる債務者となって返済している住宅ローンに対して、ペアの双方がそれぞれ住宅ローン控除によって税金の還付を受けることができます。

年収と審査で選ぶ住宅ローンランキング!【2017年4月】

スポンサーリンク

HOME 借り入れ限度は? 年収400万円の場合 年収の5倍まで? おすすめの銀行!